日本政府発令「緊急事態宣言」を受けてのご案内

全国のSUPを愛する皆さま、SUPA関係者 各位

平素は、日本スタンドアップパドルボード協会(SUPA)活動にご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
3/18に協会HPで告知させて頂きましたSUP活動の自粛要請に対しまして、皆さまの真摯なるご協力に対しまして深く御礼申し上げます。

さて昨日、日本政府より緊急事態宣言が7都道府県に発令されました。
これは、改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく重要な宣言となります。コロナ感染症につきましては、
連日の報道にもありますとおり、
7都道府県はもとより、日本全国まん延する傾向となってしまっている現実があります。
また、このコロナウイルス感染症の影響により、長期にわたる医療関係者の皆さまのご苦労は察して余りある状況です。

この発令を受け、日本スタンドアップパドルボード協会としましては、現時点で予定されている2020年度のSUPAが関わる全てのイベント/大会等につきまして、
6月末迄、公認大会、後援、協力については原則、開催協力中止とさせて頂きたいと存じます。

6月末以後の活動につきましては、日々の報道を注視しさせていただき、改めご報告させて頂きたく思います。
そして、日々の報道を注視していただき、必ず、日本政府、各都道府県、市町村等、行政機関の指示を厳守ください。

 

特に、不要不急の外出を避け、移動を少しでも無くしてください。

 

私たち一人一人が、外出しないことで、リスクを回避することができます。
地方へのSUPに関わる個人/団体問わず遠征等の自粛をお願いします。
また、ホームポイントでのSUPでは、地元情報を得て、細心の注意を払って行動してください。

世界の感染者総数は130万人を超え、死者は7.3万人(4/7 厚労省発表)となっている状況を鑑みて頂き、欧米での医療崩壊の現実があり、
もし日本で欧州並みの大流行が発生し、さらに「都市封鎖」(ロックダウン)に類する措置が発令せざるを得ないような最悪の状況だけは皆で回避しましょう。
そのような最悪の状況にならないための各自の「責任ある行動」が求められております。

各地区ブロックや関係各所におかれましても何卒ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
SUPA会員の皆様および関係者各位におかれましては、多大なご迷惑をおかけいたしますが、
早期終息になれば、安心安全な環境での「SUP」が可能となります。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

一般社団法人日本スタンドアップパドルボード協会
             理事長 福田 義明