理事長 挨拶

一般社団法人日本スタンドアップパドルボード協会(SUPA)は、日本で唯一の会員を有する団体として、全日本選手権大会の開催や

インストラクター育成等を通し、スタンドアップパドルボードの健全な普及を推進しております。

昨年度より、日本を10地区に分けたブロック制を牽き、各ブロックでの予選大会の調整、地域に則したルールやマナーの

情報収集や安全啓蒙等を開始し、全国的な組織として動き出しました。

今後は、県別に支部を設置し、公認スクールや提携チームも設定し、地域密着型の全国組織を目指していきます。

スタンドアップパドルボードは、奥は深いですが、とても敷居の低いウォータースポーツです。

今までウォータースポーツに馴染みの無かった方はもちろん、サーフィン、カヤック、ウインドサーフィン、スイミング等、

様々なスポーツから、スタンドアップパドルボードにエントリーしていただいています。

そんな繋がりを大切にし、他スポーツ団体との協力や連携をより深め、協会を運営していきたいと考えております。

スタンドアップパドルボードはスポーツとしては新参者で、SUPAも創立4年目のひよっこです。

海や川にたくさんの老若男女のパドラーが浮かび、国体やオリンピック種目になり、誰もが知ってるメジャースポーツに発展する

には、全国のスタンドアップパドラーの熱い想いが原動力になります。

役員一同も、その一員として、できる限り尽力してまいります。

今後とも、一般社団法人日本スタンドアップパドルボード協会(SUPA)をよろしくお願いいたします。

理事長 中野 敏彦